竪の家

必要最小寸法の検証と
快適性の実証

敷 地|住宅地、職場母屋隣接

用 途|単世帯住宅、コンセプトハウス、海外インターン用宿泊施設

要 望|広さ・寸法の検証、居室と収納のバランス、光と風、室内での運動

面 積|建築面積: 54.60㎡  延床面積:102.24㎡

施工費|2500-3000万円

受 賞|

DezeenAwards2019 /Urban house of the year Winner
FRAME AWARD2019/LongList
Architizer A+AWARDS2019/SPECIAL MENTION
Design for Asia Awards2018/BronzeAward
日本建築学会作品選集2020
JIA東海住宅建築賞2018/優秀賞
愛知住宅賞/住宅金融支援機構東海支店長賞
中部建築賞/入賞
minimal is maximal 展/入賞
SD Review2017/入賞

概 要|

 この住宅は佐々木事務所に隣接する自邸である。建築は言葉や写真より体感してみないと伝わらないということを強く感じているために公開を前提としたコンセプト住宅(自邸)を建てることにした。この計画では一品生産というより、どのような敷地であっても通じる要素を持つこと、今後の提案の物差しになるような住宅を目指した。そこで各居室に必要な最小寸法の検証から始めた。寸法の基準を知ることで、個別の要望に対して寸法を広げて計画を行うという考え方である。

それによると1.55mの幅があればどの空間も生活可能であることが分かった。よってすべての部屋の幅を1.55mとした。延べ床面積30坪前後の床面積と、単世帯住宅の平均的コストで計画することも将来のお施主さんにはリアリティがあるため重視した。
小さな家でも広さを感じるといった提案はこれまでも行ってきたが、この計画ではさらに更新し、同じ面積で比較した場合、最も長い距離によって広がりを感じるため、短辺は1.55m、長辺は敷地から導き出した最大寸法の13.5mを採用した。
敷地は狭小地ではないが、長い家がうまれた。(その分、庭が広く確保できる)

最小限の幅と敷地における最大限の奥行きと高さを用いることで、小さな幅の中で感じる親密な感覚と、離れた場所にいながら空間を共有する感覚を同時に感じることができる。また場のスケールが人の移動や距離感によって伸縮を繰り返す。反復する構造体の間を人や光、風が自由に行き来することで、合理性のなかに豊かさが生まれる。幅1.55m奥行き13.5m高さ8mの気積のなかに両義的で新しい自由を感じる住空間が現れた。
上階の居室は、階段に合わせて少しずつ位置をずらしながら螺旋状に配置した。床は居室の幅が狭いことにより、梁を必要とせず50mmの板によって支えている。それにより上下階の関係は緩やかに繋がっている。柱間隔は日本で用いられる910mm間隔のモデュールを採用しながら構造体に幅55mm奥行き700mmという新たなスケールを用いることで伝統的な寸法体系のなかに新しい空間体験が加わっている。構造体上部の間から射し込む自然光が反射を繰り返し、やわらかい空気として内部空間を覆うこともあれば、朝日や夕日が鋭く射すこともあり「自然光とスケールがつくり出す風景」を躯体が支えている。
また、建物幅を絞ることで外部では母屋と事務所の間に余白が生まれている。家の周りにアクティビティが生まれやすいスケールにすることで、暮らしや仕事が日常的に賑わいとして街の表情に繋がっている。将来は住宅の用途を拡張し、ギャラリーやマルシェ、海外インターンのための民泊を予定しており、個人住宅が用途を超えて世界とつながればと考えている。

Text|

Both the name of the room (function) and the cenesthesia (volume) affect residential architectures.  Some are rational but leave the space and living in the rigid and inconvenient relationship.  I would like to create the place where the sense of embracement and the laid-back breadth provided by the scale can coexist.  For this plan, I decomposed the length, breadth and height that make up three-dimensional shapes, and designed the “width” of the room from the human perspective to give the embracing comfort, and the “length and height” from the landscape perspective in light of the streetscape and the premise. I used 1.55m as the smallest common denominator and the effective dimension for the width of rooms after the numerous simulation of housing lives.  Two cubic capacities of 1.55m in width, 13.5m in depth and 8m in height sit next to each other over the T-shaped structure with the joint pillar/beam.  Simultaneously feeling the close proximity the small width gives and the sense of sharing the same space even when the dwellers actually are in separate rooms.  The scale of the place indefinitely expanding and contracting to accommodate the movement of people and their feeling of distance.  The richness brought in the rationality by the unrestricted movement of people, light and wind inside the reiterating structure.  The new scale has brought about the new freedom that can be taken two ways.  The rooms on the upper floor are laid out in a spiral manner along the staircase, each at slightly shifted positions.  As the rooms are narrow, the floor does not need the beam and is supported by 50mm boards.  And the upper and lower floors are loosely connected by that.  While I used the Japanese standard of 910mm module when spacing the pillars, I also used the new scale of 55mm in width and 700mm in depth for the structure to create the new living experience in the traditional dimensional system.  The natural light coming in from the gap at the top of the structure reflects several times to embrace the inside with the soft ambience on some occasions, and the morning or evening sun shine in sharply on other occasions.  The main structure supports the “scenery created by the natural light and the scale”. Additionally, the deliberately limited width of the architecture gives the comfortable margin between the living section and the office.  The design at the scale that can easily induce activities around the house allows the everyday life and work, as the daily bustle, to connect to the atmosphere of the city.  Here, the use of the residential architecture is expanded – a gallery, market and private lodging for interns from overseas.  My intention is to make a private residence connected to the world beyond its original purposes. 

コンセプトハウス|建築相談の方に内覧による空間体験を提供しております。