敷 地|街と森の間

用 途|工房兼住宅

要 望|敷地を活かした計画

面 積|建築面積:31.05㎡  延床面積:62.10㎡

概 要|

敷地西側は住宅地であり、その先に中高層建築が立ち並んでいる名古屋の都心部である。東側は神社が所有する森が広がっており、都市と森の境界という特異な場所に、この小さな工房は立っている。興味深い敷地の法規確認を行ったところ、複雑な法規制がかかることがわかった。北側の歩行者階段は道路扱いということで2面道路に接する。それらは42条2項道路であったため、道路中心から2m後退した位置が敷地境界となる。さらに第一種風致地区のためその道路境界からさらに2m後退した位置にしか建物が建てられない。隣地境界からも1.5m後退が必要となる。道路のセットバックで縮小した敷地に対して建蔽率は30%。第一種低層住居地域のため高さ制限もあった。その他宅地造成区域、高度地区、緑化地域、居住誘導区域、都市計画公園区域、埋蔵文化財発掘区域、がけ条例と小さな敷地に盛沢山の法規制が重なるというのがこの敷地の特徴であった。そこから導かれた約9坪がここで建設可能な敷地である。

クライアントは陶芸作家であり、1階を工房、2階はギャラリーやセカンドハウスとして要望された。敷地東西の異なる個性を持った環境と、内部空間をつなぐことで小さな建築に多様な風景とおおらかさが生まれると考え、3つの開口を計画した。1つ目は工房と森をつなぐ開口であり都心部でありながら森のなかの工房のように制作に没頭できる環境が整っている。制作された作品は2階で梱包等を行う。動線としての階段室に2つ目の開口が設けられており、螺旋階段を上りながら周囲の住宅地から遠方の街まで風景が移り変わるようになっている。3つ目の開口は2階東側に設けた風景を切り取る窓である。1階は下草と木の幹が風景として広がるが、2階からは窓全面に葉と空が埋め尽くす。小さな建築に大きな窓を設けることで周辺環境がそのまま内部の風景となり、街や森の中にいるような感覚を覚える。この小さな工房は、法規により切り取られたヴォリュームに、立地から導かれた開口を設けることで、規模を超えた多様な風景が展開することを計画したものである。

TOP