ひとりごと

産婦人科医院が出来るまで⑪| 建具・サイン

【建具】
①内部木製建具/室内に人がいる様子を夜間確認できるようにというご要望を受け制作した建具。フロストガラスと引手を合わせて日中廊下の光が室内に届くことも意図した。


②木製自動ドアと可動壁
左:自動ドアは框扉、可動壁はフレキシブルボード張り。
右:医療機器の搬入や緊急搬送時はフルオープンに。


③木製引分け戸
待合室の奥に設置している木製建具。法的に必要な換気や排煙のほか、室内の圧迫感を軽減している。季節の良い時は全面開放可能。網戸も壁内に隠蔽されている。


④スチールサッシ
サッシの下側はFIX、上側は可引き違い窓として開閉できる。室内からは既存棟や空が望める。

【サイン】

各部屋に自社でピクトグラムをデザインし設置しました。

TOP