FAQ

よくあるご質問。

佐々木事務所について

開業したのはいつですか?

2008年です。
開業直前にリーマンショックが起こり、逆風のなかからのスタートでした笑 ちなみに大学卒業の1999年は就職氷河期と言われる時代で就職せず(できず笑) 海外に建築旅行に行ったり、設計事務所に通い設計コンペに参加したりして過ごしていました。 就職は東京の設計事務所に3年半勤め、その後、栃木県の設計施工の会社に4年半在籍し設計活動をしてきました。

20代の前半に建築思想を学び、後半に施工を含めた建設全体のマネジメントを経験したことで、建築について多面的な視点が持てるようになりました。

事務所が土壁なのはなぜですか?

元々私の祖母が約50年ほど前にお店を営業していた時に使っていた建物です。30年程前にこの場所に移築し、その後、両親がお貸ししていました。トヨタの寮が近くにあることもありコインランドリーとして営業していましたが私が独立する一年前に退去されたので、私が事務所として使わせてもらうことにしました。両親は古いし壊すことを予定していましたが、それでは事務所の場所がなくなりますし私も困るのでこれからは古いものを残すことに価値があるんだと説得して、なんとか解体を免れました。

事務所は既存の壁と天井をはがし、土壁の野地板を現しにしました。断熱材が屋根・壁・床どこにも入っていないので夏はなんとか耐えれますが冬は寒いので事務所での施主打合せは控えるようにしています笑

四季を感じられ、古民家のような懐かしさもあり、刺激と心地良さが共存しており気に入っています。

どんな用途の建物を設計したことがありますか?

住宅、オフィス、工場、店舗、クリニック、大学、福祉施設等の実績があります。
規模は30坪前後の住宅から1000~2000㎡程の中規模建築が多いです。

計画のご相談

設計依頼から引渡しまでの期間を教えてください。

一般住宅の場合1年から2年程となります。そのうち、施工期間は6か月程です。店舗や改装工事の場合、規模や用途によって異なります。
中規模建物の場合、打合せと予算調整によって大きく異なります。詳細は計画時にお問い合わせください。

打合せはどこで行いますか?

打合せ場所は、佐々木事務所、本社、ご自宅どちらでも構いません。
施工が始まりますと現場にて打合せを行い、進捗状況のご報告を行っています。
設計時に決まった内容の再確認や微調整、最終確認などを行います。

愛知県外の計画も可能ですか?

可能です。
計画中のプロジェクトの1/3程は県外の計画だったりします。
その時の状況によってお受けできない場合もございますので、一度ご相談ください。

リノベーションの設計も行っていますか?

行っています。
住宅、店舗、オフィス等、既存の建物を活かしながら計画しています。

どのような方から依頼がありますか?

雑誌や新聞を見られた方やご紹介が多いです。
最も多いご依頼のケースとしては「ハウスメーカーと打合せをしてきたけど、住みたい住宅の提案がでてこなくて、見積も高くて困ってる。」という方からの依頼が圧倒的に多いです。
最終的にできた建物はご要望もご予算も納得していただいており、依頼するときは緊張したけど、頼んでよかったとお伝え頂くことが多いです。

設計監理料

■設計監理料

総工費 設計監理料
1,000-2,000万円 300万円→270万円
2,001-5,000万円 15%→14%
5,001-10,000万円 12%→11%
10,000万円以上 要相談

※コロナ対策としてなにか社会貢献できることはないかと考え、
佐々木事務所では2020年内の設計監理料を改訂しました。
※リモートワーク等住まい方、働き方が今後変わる可能性があり、
そちらについても随時ご相談に応じたいと考えています。

・総工費2,000万円以上の場合は総工費に対する割合にて算出しています。
・上記には構造・電気・設備設計費が含まれています。
・愛知県外の場合は交通費が別途必要になりますが、ご依頼も多く頂いております。
・規模及び用途によって異なる場合があります。
・詳細は打合せ時にご確認ください。

設計について

どのように住めば良いのでしょうか。

オープンハウスに来場された方から時々頂く感想です。
規格化された住宅では、この部屋では食事をして、ここは寝る部屋と、明確に区分されていたりします。部屋名と使い方が一致するのでイメージがわきます。

でも実際住み始めるとどうでしょうか?住宅であれば家族の年齢が変わるにつれて生活スタイルも大きく変化します。例えば子供部屋が当初10年程はおもちゃ置き場もしくは使われないままのことが多いようですし現在ご自身の子供部屋が大きな倉庫になっているという方も多いと思います。企業のオフィスでも設計時に想定していた使い方と数年後では異なっていることも多々あります。使い方が変わる前提で計画したいのですが、どのように変化するのかお施主さんも我々も想像は難しいです。

そこで私たちは使う人に「自由にさせてくれる建築」がいいと考えています。固定された部屋と機能が1対1ではなく、いろいろな使いかたができる空間。間仕切りは後々でもできるから、まずはワンルームで広く快適に過ごせる空間を提供しています。

好きな素材や色はありますか?

素材や色に好みは持たないようにしていますが時間が経過するごとに質感が良くなっていくものが好きです。新築時だけ綺麗で、、、というのはあまり好きではないです。

心地良い建物を設計できますか?

笑。
HP等にアップしている写真の印象が良くないのでしょうか?
住んでいるイメージがつかない、デザインはいいけど住んでみるとどうなんだろう?
というご質問を以前お伝え頂くことがありました。
結論から申し上げますと、依頼主からの住んでからのご感想で最も多いのが「住み心地が良い」です。
エアコンは1-2台、床暖は計画したことがない。でも、とても快適なんです。
というより、空調機に頼った快適性ではないものがあるのです。

これは体験してもらわないとご理解が難しいと考え事務所の隣にモデルハウスを建てました。
コンクリート土間、木製建具、標準的な断熱材、天井吹抜け、間仕切りの無いワンルーム、エアコン1台。
一般的に考えると絶対に寒く、暑い条件がそろっていますが、実際の体感はどうでしょうか?

モデル住宅見学
ご依頼を検討されている方のみ、見学可能ですのでご連絡ください。

要望を聞いてくれますか?

どんな印象なのかと心配になります笑
実際には、プレゼンテーションでご要望の95%程を満たした提案を行っています。ご要望を満たせない場合というのは、内容が矛盾していたり、ご予算を大幅に超えてしまうようなケースです。それもひとつずつご説明をしながら、少しでもご要望を満たせるように計画を調整していきます。
もう1点大事なことがあります。
ご要望をすべて反映することで建物のバランス(構造、意匠、コスト等)が悪くなる場合もあります。基本的に思ったことはお伝え頂ければと思いますが、完成した時の印象、使い始めてからのことなど想像力を働かせながらイメージすることが大切です。

設計の流れについて教えてください。
  1. 顔合わせ:計画のご相談を始め、設計の流れについてご説明をします。
  2. 計画依頼:着手金8万円(税別)のお支払い後、基本設計を行います。
  3. 基本設計:敷地、役所調査、基本計画が含まれます。
  4. プレゼンテーション:コンセプトシート、図面、CG、模型を用いてご説明します。
  5. 設計契約:基本計画の方向性にてご承諾頂ければ設計契約に進みます。
  6. 基本設計の修正:プレゼンテーション案にご要望を加味し図面修正を行います。
  7. 実施設計:仕上げ、建具、電気、設備等について詳細図面を作成し各項目について打合せを行います。
  8. 精算見積:施工会社に見積もりを依頼します。
  9. 見積調整:提出された見積を精査し、ご要望とご予算のすり合わせを行います。
  10. 確認申請:確認申請図面を作成し申請を提出します。
  11. 工事契約:計画内容と施工費について、ご承諾を頂きましたら工事契約を建設会社と結びます。
  12. 現場監理:施工状況の確認を現場にて週1回程行います。その他、事務所内で施工図確認、監督との調整をほぼ毎日行います。
  13. お引渡し:建物のお引渡しを行います。